多良山系

多良山系の山紹介GoogleMaps_2.pngGoogleMaps_2.png

01.郡岳・・・・826m

ふもとの野岳湖の湖畔から見る山容は、ゆるやかな稜線が広がりそのフォルムが美しい山です。急峻な登りが多い多良山系の中では、登山道も比較的に歩きやすく初心者やファミリーでも登りやすい山です。山頂からの展望もよく大村湾が一望できます。

1.郡岳&野岳湖.jpg郡岳&野岳湖
2.郡岳からの展望.jpg郡岳からの展望
3.郡岳&さくら.jpg郡岳&さくら

02.遠目山・・・・849m
03.国見岳・・・・818m

遠目山、国見岳は多良山系の奥座敷といったところで、訪れる登山者も無く静かな登山ができます。春日越から国見岳までは、数回のアップダウンの後、山頂に到着します。

遠目山&国見岳遠目山&国見岳
遠目山山頂遠目山山頂
国見岳山頂国見岳山頂

04.釜伏山・・・・790m

岩屋越とつげ尾のほぼ中間に位置する山です。お釜を伏せたような山容で、どちらから登っても急登、急下りです。

釜伏山釜伏山
釜伏山山頂釜伏山山頂
釜伏山山頂釜伏山山頂

05.経ヶ岳・・・・1,075.7m

多良山系の中心に鎮座し、その存在はまぎれもなく多良山系の主峰です。黒木からみたピラミダルな山容は、登山意欲をかきたてられる山であり、季節を問わず最も登山者が多い山です。山頂は長崎と佐賀県の県境で、ほぼ360度に近い大展望が望めます。

経ヶ岳(冬)経ヶ岳(冬)
経ヶ岳山頂(冬)経ヶ岳山頂(冬)
経ヶ岳山頂(夏)経ヶ岳山頂(夏)

06.タワラギ山・・・・1,040m
07.矢筈山・・・・・・975.9m

タワラギ山は、日本でブナの木が自生する最西端の山です。平谷越から登りつめると、なだらかになったころで山頂に着きます。東に稜線上を辿ると矢筈山に着きます。メインルートからはずれるルートなので、登山者は少ないです。

タワラギ&矢筈山タワラギ&矢筈山
タワラギ山山頂タワラギ山山頂
矢筈山山頂矢筈山山頂

08.舞岳・・・・・867m

「シャクナゲコース」と言われるほど5月頃のシャクナゲ群落が美しい山です。黒木から登れば多良山系でも屈指の急登が連続する登山道です。ただし私有地の中を通る登山道です。

舞岳 (経ヶ岳山頂から)舞岳 (経ヶ岳山頂から)
舞岳山頂舞岳山頂

09.笹ヶ岳・・・・・950m
10.笹南峰・・・・・930m

山の名前にあるように山頂直下の鞍部に多良山系で唯一笹が生い茂る山です。笹南峰は、本峰と笹鞍部を隔て南側に位置する山です。

笹ヶ岳・南峰・西岳笹ヶ岳・南峰・西岳
笹ヶ岳山頂笹ヶ岳山頂

11.西岳・・・・・963m

金泉寺山小屋の北側にあり山小屋から最短で登ることができる山です。冬場に条件がそろえば稜線から北斜面にかけてできる霧氷は見事です。

西岳西岳
西岳西岳山頂
西岳西・国見・前・黒木・帆柱

12.国見岳・・・・996m

多良岳の西側にあり、多良岳分岐から30秒で山頂に着きます。山頂には、マンサクの木が数本あり、山頂で日当たりも良いここのマンサクは、多良山系で開花の標準木になっています。

国見岳国見岳
国見岳マンサク国見岳マンサク

13.多良岳・・・・・・・・996m

多良岳は、古くから信仰の山として親しまれ、その山頂には、多良嶽神社上宮が祭られています。山頂からの展望は、多良山系や雲仙・有明海などが木々の間から望めます。

多良岳多良岳
多良岳山頂多良岳山頂

14.前岳(本多良)・・・・992.7m

多良岳から東へ伸びる痩せ尾根を辿ると座禅岩があり、その先に頂上があります。山頂は、角閃石安山岩が折り重なるようにちらばっていて狭く、展望はよくありません。

座禅岩座禅岩
前岳山頂前岳山頂

15.864(俗称)・・・・・864m

前岳の北側にその山容が確認できますが、正式な登山道はありません。山名も正式な名称もなくその標高が名前になって呼ばれています。

864864
864(春)864(春)

16.黒木岳・・・・・881m
17.一ノ宮岳・・・・827m
18.帆柱岳・・・・・742.1m

この三山は、多良山系の東のはずれに位置していて、正式な登山道があるのは、一ノ宮岳だけです。その山頂には、鳥居と祠が祭られています。

一の宮方面一の宮方面
一ノ宮山頂一ノ宮山頂

19.中岳・・・・・1,000m

五家原と金泉寺の縦走路の途中にあり、多良山系で1000mを超える山は四座ありますが、その四番目の山です。山頂は、最近では灌木が伸びてきており、展望はほとんどありません。

中岳中岳
中岳山頂中岳山頂

20.五家原岳・・・1,057.3m

多良山系で唯一車で行ける山で、山頂には、テレビ局や電話会社などの電波塔が林立しています。展望は、良く多良山系や雲仙、有明海や阿蘇、天草、条件がよければ五島列島まで見渡せます。

五家原岳(冬)五家原岳(冬)
五家原岳山頂五家原岳山頂
五家原岳(春)五家原岳(春)

21.大花山・・・875m

大花山の登山ルートは、富川渓谷、二合半越または横峰越からのアクセスになります。山頂からは多良山系の山々、有明海、雲仙岳、橘湾、大村湾と大パノラマが展開します。

大花山大花山
大花山山頂大花山山頂

22.二合半山・・・・799m

黒木町から見れば西の鳥甲山の摩利支天に対して南に特徴ある山容を確認でき、その形が飯を二合半盛ったような形からその名がついたと考えられます。多良山系の最高が1075mの経ヶ岳と比較して、標高は799mあり二合半では控えめであるが、その登りは、脹脛が十分ストレッチされそうな急登です。

二合半山二合半山
二合半岳山頂二合半岳山頂

23.鳥甲山・・・・・769.4m

黒木町からみれば東側に特徴ある摩利支天を従えた山で、その形から全国おっぱい山集合で「山と渓谷」にも紹介された山です。山頂は、摩利支天とは反対の西側にあります。

鳥甲山(摩利支天)鳥甲山(摩利支天)
鳥甲摩利支天鳥甲摩利支天
鳥兜(黒木から)鳥兜(黒木から)

24.黒木ヶ原岳・・・・658m

黒木町に入ってくると最初に目に入る山で、きれいな三角錐の山容がみごとです。中腹には西日本では最大のモミの木があり、そこまでの登山道は整備されていますが、山頂までの正式なルートはありません。

黒木ヶ原岳黒木ヶ原岳
大モミの木大モミの木
大モミ案内版大モミ案内版