多良山系

多良の自然

しゃくなげ(舞岳から五家原岳方面).jpgしゃくなげ(舞岳から五家原岳方面).jpgしゃくなげ多良山系は、長崎県と佐賀県の県境にあり、現在もなお活動を続けている雲仙とくらべ、早い時期から長期にわたる活動でできた山塊のため、植物は、500種類以上もあり植物の宝庫となっています。代表的なものは、早春の「マンサク」、初夏の「ツクシシャクナゲ」、真夏の「オオキツネノカミソリ」などで、特に「オオキツネノカミソリ」オオキツネノカミソリ.jpgオオキツネノカミソリ.jpgオオキツネノカミソリは、天然記念物でもあり田中澄江さんの「日本花の百名山」には多良岳の花が取り上げられています。この花は、多良山系のあちらこちらで大群落を作っており毎年7月中旬から8月初旬まで観賞できます。特に西野越下、西岳から笹岳の登山道や中山キャンプ場から多良岳に登る登山道の群落は見事であります。
 この山系で一番急峻な山は、経ヶ岳(1,076m)で大村の黒木の登山口から眺めれば山頂直下に険しい岩崖を抱くピラミダルな山容で迫ってきます。佐賀県の山としては背振山(1055m)、天山(1046m)より高く、佐賀県最高峰の山であり、多良山系の主峰の貫禄を示しています。経ヶ岳山頂.jpg経ヶ岳山頂.jpg経ヶ岳山頂現在では山頂の一等三角点がある場所に修行僧が経本を納めたことから、この名がついたと伝えられています。頂上は狭く低い潅木に覆われており、長崎県から佐賀県にいたる360度の大展望が楽しめます。条件が良い日には、長崎県側では、有明海や雲仙、遠くは、平戸島や五島列島、佐賀県側では、背振山系や阿蘇の山まで望むことができます。
 その南東にある多良岳(983m)は、僧行基が多良嶽三社大権現を開創したといわれ、弘法大師が神宮寺として創建した金泉寺があります。多良岳が古くから信仰の山として親しまれていた関係で、標高は低いけれどこの山系がこの名前で呼ばれるようになったものです。現在は、山頂に多良嶽神社上宮が、麓の太良町には多良嶽神社が祭られています。梵字.jpg梵字.jpg梵字金泉寺は、平成21年11月に再建され、定期的に僧侶による法会がとり行われております。多良岳の山頂からは、有明海や雲仙、遠くは阿蘇、九州山地まで見渡せます。金泉寺から山頂までの登山道には、多くの石仏、梵字が刻まれた岩壁などがあり霊験あらたかな雰囲気があります。また、秋の紅葉、冬の樹氷が美しく、自然の作り上げる芸術美を満喫できます。 最南部にある五家原岳(1,058m)は多良山系では2番目に高く、諫早湾の向こうに雲仙岳を、そして有明海を越えて遠くに九州山地の山々を望むことができます。黒木から見た経ヶ岳(1_076m).jpg黒木から見た経ヶ岳(1_076m).jpg黒木から見た経ヶ岳北側の急斜面から多良岳に向かう登山道には、コミネカエデ、ヤマボウシ、ベニドウダン、マンサクなどの広葉樹があり、ツクシシャクナゲの群落もあります。
多良岳系を源とする河川は良好な渓谷美をなし、黒木渓谷、富川渓谷、轟渓谷などを形成し、轟の滝を有する轟渓谷の水は、全国名水百選になっています。また、周辺の森林にはツクシシャクナゲ、センダイソウの群落、ブチサンショウウオ等、学術上貴重な種を含む多様な動植物が生息しています。平谷トンネル.jpg平谷トンネル.jpg平谷トンネル
1999(平成11)年3月16日に岩屋越しの下に平谷黒木トンネル(総延長1889m)が開通して国道444号線で佐賀県鹿島市と長崎県大村市が最短距離で結ばれるようになりました。 佐賀県側のトンネル付近には掘削時に噴出した湧水があり県内外からたくさんの人が水を汲みにきます。その近くには、平谷温泉があり登山でかいた汗を流すことができます。大村市側からの登山口、黒木にはキャンプ場、民宿が数件あります。