金泉寺山小屋

多良岳金泉寺山小屋は、多良岳県立公園内に長崎県が昭和47年12月に登山客のために設置した山小屋です。現在、長崎県から指定管理者として「多良岳登山者山の会」が金泉寺山小屋および野営施設の管理運営を任されております。tozanngutu.GIF
 金泉寺山小屋は、多良岳の山頂下の標高870m付近にあり広域林道の登山口から登れば最短の20分で到着することができます。四季を通じて利用可能で県内外から年間10,000人以上の登山客が利用する山小屋であります。登山客は、春のマンサクから始まる沢山の樹木や山野草の開花と新緑を求め増え始め、真夏のオオキツネノカミソリの開花の時季になると大勢の登山客でピークを迎えます。また、夏場は、下界との気温差が5℃以上にもなることから絶好の避暑地として利用されます。その後は、登山客数も落ち着き、山も静かになりますが、秋の紅葉、冬の霧氷など低山と言えども季節の変化に富、一年を通して登山客が途切れることはありません。
maki_stove.png

 四季を通して訪れる登山者の為に、金泉寺山小屋では、一年中薪ストーブを焚いております。通常下界にあるようなものは何もないですが、あたたかいお湯だけは提供できます。ビギナーからベテランまで、ストーブを取り囲んで、山や花を求めての登山談義が始まり、多良山系や周辺の山々のみならず、他県の山に遠征する際の情報収集の場になっています。
九州で一年を通して有人の山小屋は、唯一金泉寺山小屋だけです。この山小屋は、登山客皆様のご利用によって成り立っております。今後もその薪ストーブの火を消さないためにも、沢山の皆様のご利用・ご宿泊を心からお待ちしております。 あなたも是非、多良岳金泉寺山小屋に宿泊してみませんか?

                          多良岳登山者山の会 一同